北海道議会議員 八田もりしげ オフィシャルサイト
八田もりしげと小樽運河

ご挨拶

 令和四年の輝かしい新年をご健勝にてお迎えの事とお慶び申し上げます。新型コロナウイルスという未曽有の国難の中、皆様の命と健康を守り抜き、社会経済活動との両立を目指すという固い決意をしております。そのためには医療提供体制の強化、緊急経済対策を実行する事が大切と考えます。

 又、東京オリンピック・パラリンピック マラソン・競歩の北海道マラソン組織委員会大会長として大会成功に向けて全力を挙げて取り組むとともに、北海道のすばらしさを全世界に発信することが出来ました。

 今、北海道は、人口減少危機をはじめ、交通ネットワークと地域交通の確保、災害に強い地域づくり、基幹産業であり、かつ、食料の安定供給を担う農林水産業の振興など、道政を取り巻く課題が山積し、厳しい試練のときを迎えております。

 こうした情勢の中、道民の皆様が安心して暮らすことのできる地域社会の実現に向けた取組を重点的に進めて、まずは政策、そして行動、厳しいながらも結果を出していくことが重要と考えております。

 今年はいよいよ試練の年となりますが覚悟を決めて臨んで参りますので、変わらぬご指導頂きますようお願い申し上げます。

 結びに皆様のご健勝とご多幸を心からご祈念し、新年のご挨拶と致します。



八田もりしげ